【メールをうまく書く方法】マッチドットコム・ラブサーチ

match.comマッチドットコム、ラブサーチが優良サイト=会えるサイトであることは今までの記事から分かったと思います。私も実際に女性に出会って楽しんでいますし、マッチドットコムmatch.com、ラブサーチのクチコミ体験談を見るとカップルになった人がたくさんいます。その一方、結婚相談所の老舗オーネットによると、2050年には、男性の3人に1人、女性の4人に1人が独身のまま一生を終える統計が出たと言います。相手の心をうまくつかんで、婚活、恋を楽しみたいものです。


このページは女の子とのメールの仕方に自信がない方向けです、出会サイトで女の子と会ってうまく行った経験のある方、女の子の扱いが上手な方は読む必要はないと思います。むしろ、私にうまくいく恋愛婚活必勝法を教えて欲しいくらいです・・・。


さて、私は以前メールが下手でした。今も上手ということはないのですが、女性に会う度に「こんな女性がいるのか・・・」と勉強しています。「恋愛にマニュアルはない」なんて歌詞がありますが、それは本当だと思います。私、女心について昔は何も考えていませんでした(分かろうともしませんでした)。今でこそ、女の子に返信させる、女の子が返信させたくなるように仕向けることが出来るようになりましたが、これは全部、体で覚えたことなのです。


女性の気持ちは考えた方が絶対に良いと思います。考えがハズれたにせよ、勉強になります。私は女性の気持ちを分かることが増えましたが、今に至るまでに何人もの好きな女の子に振られました。体で覚えた後は、素敵な思いをしていますが、それまでの代償は大きかったと心底思います。「今、2年前に戻れたら、こんな風にあんな風に展開してあの子とやれたのになぁ・・・」なんて回想にふけることがしばしばあります。人間、きっと皆そういうものだと思います。


私は、女の子の心や気持ちを考えられるようになってから、「好きな女を振り向かせる連絡の取り方」というメールの方法を読みました。結構当たっていて、ウンウンとうなづけます。ついしてしまう、してはいけないことがなかなか面白いので、その中で面白い部分をいくつか取り上げてみたいと思います。勉強になると思います。


事例1:マメな男はもてると信じて毎日気に入った女性にメールを送る

・・・マメの意味が違います(笑)。付き合ったならメールを沢山出してもOKですが、付き合っていないならば何度も送ったらダメです。やられてみると分かるのですが、ウザいと思われるだけです。1回送ったら、返信があるまで待つのです。メール不達なんて心配は要りません。絶対に届いていますから(笑)


送る内容ですが、お昼休みに「お疲れ様!今ね、焼肉定食食べてるところだよ^^!お昼一緒に食べられたら良いのにね!お肉ちょっとあげるね。はい、あ〜ん^^」などと送ってあげれば◎です。お昼休みのコレ、本当に効きます。仲良しになった子はもちろんですが、むしろ、まだそんなに仲良くなってない子に効きます。仕事中はちょっとこういう深入りした内容を送っても許されるのです。私は何度も送っています、今も使っています。仲が深まります!

※ただし、おうちに帰ったら深入りメールはよろしくありません(まだそんなに仲良くなってない子の場合)。仕事中のメールだけはちょっとえっちだったりすると、なぜか盛り上がるというか許されることが多いです、私の体験上。


※今、私はマッチドットコムmatch.comで気に入った女性がいます。メールをしています。とても仲良くメールをしていました。しかし、この2日メールが来ません。その子はログインしているのに!


おそらく他に良い感じの男性がいるんだと思います。ここでメールをすると、うるさがられるのです。「じゃあ、どうすれば良いんだ!」という声が聞こえてきそうですし、私もどうにかしたいのですが、これはどうしようもないのです。


メールをすればしつこい男と思われる、メールをしなければ、そのお気に入りの男性と会うに至ってしまいますが、出会サイトのこういう状況だけは手の打ちようがないのです。これは私の経験則です。


ですので、こういう時は他の子にメールを出して気を紛らわすしかありません。気の長い話になりますが…実は、マッチドットコムmatch.comは結構会えるものの、発展しないカップルが多いのです。だから、待ちつつ他の女性を探すのです。


私はこのような経験は多々ありましたが、そのうち何人か「以前メールをしていた可奈子(仮名)です。またメールをしたいのですが、可能でしょうか?」とメールをいただいたことがあります。私がしつこく追いかけなかった結果だと思います。その時はもちろんOKしてあげて、さっさと会いましょう、こちらが強い立場なのですから。男性に会ってはみたものの「違った」と、帰って来る女性がいかに多いか・・・。


もう一つ手がありまして、2,3週間経ったところで、こちらからその子にメールをしてみることがおすすめできます。ここで初めてこちらからメールをするのです。「以前メールをしていた高木(管理人の名)です。あれからメールが来なくなってしまったのでもうお相手が見つかっちゃったのかなと思っていました。もし、可能であればまたメールをすることはできますでしょうか?」とメールしてみると、女の子から大体何かしらの反応が返ってきます。


その場合、こんなふうな展開になることがあります。
女性「メールせずにすみませんでした。彼が出来てしまいました。
ごめんなさい」
 「そうでしたか…。俺はあなたとかなり仲良くメールできたので
あなたに会えると一人で勝手に思っていました。
俺、せめて、あなたに会って自分を納得させないと
次の恋に進めないので一度だけ会ってもらえませんか?
会って少しお茶してもらえたら、自分の中で今回の恋の終わりを納得すると思うんです」


こんな風にメールすると大体会えます。会う時はもちろんちょっと洒落た居酒屋を予約して、女の子にお酒を勧めましょう。婚活・出会サイトを使うと、相手が見えないので分かりにくいのですが、女性から自分が選ばれなかったとしても、嫌われたわけじゃないことが多いのです。流れの中でその男性とうまく行ってしまっただけなのです。


だから、もしその女性と会えた場合、自分の飛び切りの笑顔で仲良かった頃のメールの話題に触れ、ちょっとボディタッチしたら絶対に盛り上がります。私はそれで何回も女性を終電に乗せないで、自分の部屋に連れ込んでいます。なので、深追いせずまずは待ってみることが大事なのです。蛇足ですが、こういうケースはこの日限りです。後日また会えることはありません。この夜に欲の限りを尽くしてください。これも私の経験則です。死ぬほどやった方が良いです。私はそうしています。1晩に5、6回やって、明け方に寝て、昼過ぎに起きて、3回くらいやって夜ごはんを一緒に食べて、最後にやってさよならをしています。


私、こういう展開がありました。
2009年11月11日
返事が来なかったのですが、久々に返事が来ました。その子は色々遊び回っていたらしいです。実は、私もその返事が来なかった間に仲良くなった子ができたので、とりあえずは2人の子とメールをしていました。男女の仲なんてお互いあってのことなので、将来どう転ぶか分かりませんから両方と仲良くしておくのは大切なことです。「俺はこの子にする!」と決め付けない方が良いです。

11月15日
メールが来ました。一応、長文でコピペメールじゃなかったので、冷められてないように思いました。でも、その子は複数の男性とメールをしているようなので、のめり込まないでやっていくようにしていました。

11月23日
会いました。お話がとても合いました。次に会う約束をしました。待った成果が実を結びました。

11月26日
仕事後に会いました。「楽しかった」と言ってもらいました。

12月13日
それからしばらくメールをしていたのですが…その子は久しぶりに会った地元の男性に恋をしたそうで、私は断られました。やけにあっさりでした。こんなもんなんです、match.comマッチドットコムはじめこういう出会サイトはあくまできっかけであり、ハマってしまうと失恋した時に精神的ダメージが大きいです。いつも冷静に自分を見つつ、match.comマッチコム活動しましょう。



ところで、私は1度のログインで、メールしている女性全員に返事を返すようにしています。なぜなら、マッチドットコムmatch.comはログインしたかどうかがわかってしまうのです(どの婚活サイトもそうですが)。このように。
マッチドットコム match.com 評判 口コミ
ですから、極力、1度のログインで何人もの女性にメールを送ってしまった方が良いと思います。




事例2:女は押しに弱いと思って、出会ってすぐに好意丸出しで接する

好意を丸出しにするのはNGです。女性が安心してしまうからです。特に出会サイトであった場合、相手のミステリアスな部分に惹かれることが多いのです。また、女性はメールが沢山来ますから、「この人はつまらないし、もういいや。あの人と会おう」と思われてはいけません。丸出しにして良いことはないと思います。


また、もてる女性と接する時ほど、これが言えます。もてる女性、可愛い女性は自分がそうであることを知っています。散々ちやほやされて来ています。ところが、あなただけはちやほやしてくれない。その子は「この人、何考えているんだろう・・・」 こう思うのです。「出会サイトであった人みんな尻尾を振ってくれるのに、この人は私のこと嫌ってはいないみたいで次回のお誘いもあったけど、すっごい優しいわけじゃないし、一体何を考えているんだろう・・・?」 こんな風に思わせたら勝ちです。次回会った時、絶対に一緒に宿泊できます。私はそうでした。




事例3:好きな女性からメールが入ってきたら嬉しくて、すぐに返信する
すっごく気持ちが分かります。実は、これ難しくて、私はいまだにこれをやってしまいます・・・。ダメって分かってるんですけど、やってしまいます。私は嬉しいと外に出ちゃうタイプなのです。女の子がメール送信して、返事が来るまでのその間に自分の事をどれだけ考えてもらえるか、が出会サイトの勝負なのです。男が女の子に尻尾を振ってしまったら100%ダメです。ただし、初めましてメールを出して、即返があった場合はこの限りではありません。すぐに返してください。唾をつける意味でもやり取りを楽しみましょう。




事例4:好きな相手に気を遣ってしまいいつまでも「ちゃん」付けで相手を呼ぶ

これも気持ちは分かります、自分が惚れてる時は特にそうです。私の必勝パターンがあるのですが、混んだ電車から降りるまさにそのタイミングで、手を引っ張って「真由美、降りるよ!」と言っちゃいます。あと、沢山の人が待ってる信号が赤から青に変わったその瞬間「真由美、行くよ!」と言って手を引っ張りそのまま手をつないでしまうんです。


そして、それを機に呼び捨てします。呼び捨てにしたからと言って、私は女性から怒られたことは一度もありません。食事してる時や電車で一緒に座ってる時、「いつの間にか、私の事呼び捨てだね^^」なんてよく言われますけど(笑)。こうなったら勝ちです。


ただし、会うまでは一応丁寧語を使っておきましょう。「どんな人かわかっていないのに、タメ語は嫌だ」という女性はとても多かったので。顔を知らない段階で、丁寧語を使って嫌悪感を与えることはありません。



事例5:優しい男がもてると勘違いして、好きな女性に優しくする(「優しさ」の勘違い)

男の優しさってカバン持ってあげる、とか家まで送ってあげるとかそういうことじゃないんです。以前私は、当時好きだった子を初めて誘うことができて、6人で飲みに行きました。その子が「この店寒くない?」って言うから、「じゃ冷房上げてもらおうか?」って私が店員さんを呼んで冷房を上げてもらったら、「そういうのすごく嬉しい^^」って言ってもらえました。その子と上手く行ったことは言うまでもありません。


女の子におごってあげるとか送り迎えしてあげるとかメールで気遣ってあげるとか、そんなことじゃないのです。こういうツボを突いた気遣いが1回あれば十分なのです。「この人は送ってくれたり、おごってくれたりするのはたまにだけど、いつもこういう気遣いをしてくれる」と女の子に思わせることができたら、うまく行きます。



さて、話変わりますが、出会サイトを使っていて、女の子からメールが来なくなったこと、私も何度もありました。いまだにあります。寂しいし、理由を知りたいです。しかし、そんなことは教えてもらえるはずもなく、自己解決するしかないのです。


メールを送る→返事がない→嫌われたのかと思って相手から返事がないのにもう一度メールを送る→この時点であなたは彼女にとって何でもない存在、むしろしつこい存在になってしまいます(メールの連発は確実に男の魅力を下げます。)。私も過去に何度もやった事がありますが、その子からメールが来ることはありませんでした。何度もやってしまう不思議な過ちです。待ちましょう。


こういう事を知っておくと、女の子からメールが返って来た時に、こちらが出すメールの雰囲気が変わって来ます。また、他の男性と絶対に味が違ってきます。「この人 他の男性と違うかも・・・」と思わせることができたら、確実にこちらが主導権を取れます。



主導権を取れば、女の子に「会ってもらう」のではなく、女の子があなたにあなたに会ってみたい!と思うようになります。女の子は、他の男性ともメールをしていますからその中で確実にリードする事ができるわけです。私も女の子とメールする中で自分が他の男性よりもリードしているなと感じた事が何度もありました。


そして、女の子はたくさんの男性とメールしていることを認めて行動するようにしましょう。男性だって本当は沢山の女性とメールしたいのですが、メールがもらえなくてそれができないだけなのですから・・・。「この子は他に沢山の人と連絡しているな・・・」を前提としておくと、自分に余裕ができます。


そして、女性に「他の男性とはどこに遊びに行ったりするの?」など聞いてはいけません。心の中にしまっておきましょう。一線を越えた時(お泊りした時)になら聞いて良いかもしれません。メールで聞いて良い質問と会った時に聞くべき質問があります。



mailmail.jpg mailmail2.jpg
メールの送り方で大事な部分です。私も過去にやってしまいました・・・。
もう今はやりませんけどね^^


mailmail3.jpg


女の子の立場で考えると、メールが送られてきて返してない状態で、また催促のメールがきたら・・・正直うっとうしいだけです。ここは辛いのですが、ぐっと我慢することが大事です。待てば必ず芽が出ます。人事天命を尽くしたら果報は寝て待てです。


・相手の立場に立つ
・気持ちに余裕を持つ


ことがポイントです。とりあえずは、メールを出して相手から返信がないうちは、催促メールを出さない!・・・ここから始めてみてはいかがでしょうか?


>>恋 結婚メールをうまく書く方法。中高年編 match.comマッチドットコムのページに進む


(無料会員登録をすると、女性会員一覧を見ることができます)



ラブサーチ会員を見てみる




pairs(ペアーズ)を見てみる



match.com マッチドットコム 評判 口コミTOPページに戻る